相田運輸のこだわり
安心安全迅速に。

当たり前の事を当たり前に。

お客様の満足を第一に新たなる提案を探求し続けます。
お荷物と一緒に、お客様の心も届け、未来の笑顔に繋げます。
日本の未来のために下支えになれる企業を目指します。
地域と社会に必要とされる人材の集まる企業を目指します。

代表取締役 相田憲一

最新情報

事例紹介

鋼材・鉄骨の運送

鋼材・鉄骨パイプ等の運送

プレカット・間伐材・植木の運送

橋梁機材の運送

工業用機械の運送

電線ドラム(ロール)の運送

壁材ALCの運送

プラスチック製品の運送

精密機器の運送

ソーラーパネルの運送

コンクリート二次製品の運送

コンクリート二次製品の運送

フレコン・活性炭等の運送

建設資材の運送

コンテナの運送

柱状変圧器(トランス)の運送

高級仮設トイレの運送

タンクの運送

自然石・スラブ材の運送

運送会社とは

運送会社とは、正式に言うと貨物自動車運送を行う事業所となります。貨物自動車運送は、他者の依頼に対して、有料にてトラックや貨物自動車などを使用し、様々な荷物を運送すると定義できます。

一般貨物自動車運送は、他者の依頼に応じ、有料でタイヤが3輪以上ある軽自動車、タイヤが二輪の自動車以外の自動車を使用し、荷物を運送することです。一般の人々が依頼する運送に応じることと特定のお客様の依頼に応じることを区別することはありません。

トラックの場合、環境に適合した天然ガス車輌も運送に使われております。
営業所において荷物の集荷や仕分けを行い更に営業所と営業所の間の運送を定期的に行うものをさし、路線トラックと呼ばれ、広く一般的に行われている運送です。

特定貨物自動車運送は、ある特定のお客様の依頼に対応し、有料で荷物を運送することです。

貨物軽自動車運送は、他者の依頼に対応し、タイヤが三輪以上の軽自動車、タイヤが二輪の自動車で排気量125cc以上の自動車を使用し、荷物を運送することです。軽自動車を運送に使う場合には、黒いナンバープレートを車輌につけています。普通乗用車やトラックなどの車輌は緑のナンバープレートを車輌につけています。

タクシーやバスやトラックによる運送は、我々の日常生活に大きな関係があります。
通学や通勤や買い物に行く際に使用するバス、旅行やイベントなど大人数で移動の際に使用するバス、雪や大雨などの天候が悪い日や夕方から深夜の間の飲食やイベントなどの後に使用するタクシー、引越、食料品や買い物したものの運送、宅配便などの荷物運送専門会社で荷物を運ぶ際に使うトラック、これらの運送事業の呼称、運送事業の内容を解説いたします。

タクシー・バス事業とは、旅客自動車運送事業といい、旅客自動車運送事業の中には、特定旅客自動車運送事業と一般旅客自動車運送事業があります。

一般旅客自動車運送事業とは、他者の依頼に対応し、有料で運送に使用する自動車を利用し、旅行するお客様を運送する事業をさします。このことは、道路運送法に定められております。

一般乗合旅客自動車運送事業とは、皆様が街を歩いていていつも目にするバスをさします。通常路線バスや乗合バスと呼ばれているものです。

路線バスや乗合バスとよばれる運送事業を行うバス会社は、不特定多数のお客様との各々の運送契約により旅客運送を提供しております。

最近では、大型のバス利用者が減少しているエリアでは、小型の車輌を使用する乗り合いの形を取るタクシーが増え続けております。乗り合いバスは、乗り降りしやすい段差のないノンステップバスが増えております。

一般貸切旅客自動車運送事業は、大人数の団体で旅行に行く際に使用する貸切バスをさします。旅行する際に使用する以外にも大人数が同じ使用目的のために、同時に移動する際にとても便利です。

乗り合いバスのように、お客様一人ひとりとの運送契約を結ぶわけではなく、同時に大人数で移動する団体とバス会社との間の貸切運送契約を結ぶ事業です。

一般乗用旅客自動車運送事業とは、タクシーのことです。タクシー車両は、4人乗車出来る普通乗用車タイプと7人から9人が乗車出来るワゴンタイプの車輌があります。

身体に障害のあるお客様や車椅子をご利用になっているお客様と車椅子のまま乗車可能なタイプ、様々なタイプの車輌があります。

お客様の要望に応じた車種を選び運送事業を行うことが可能です。運送形態で表現するならば、一個の契約で乗車定員10人以下の運送可能な自動車を貸し切りお客様を運送することが、一般乗用旅客自動車運送事業です。

これらが、自動車運送の説明になります。実際に運送会社を営む場合には、それぞれの事業所の有る運輸支局に相談し手続きを行う必要があります。