相田運輸のこだわり
栃木県宇都宮市、さくら市を中心に事業を行わせていただいております相田運輸は安心安全迅速に当たり前の事を当たり前にをモットーにしております。

お客様の満足を第一に新たなる重量物輸送の提案を探求し続けます。
重量物であるお荷物と一緒に、お客様の心も届け、未来の笑顔に繋げます。
日本の未来のために重量物輸送で世の中の下支えになれる企業を目指します。
地域と社会に必要とされる人材の集まる企業を目指します。

代表取締役 相田憲一

最新情報

もっと見る

事例紹介

鋼材・鉄骨の輸送

鋼材・鉄骨パイプ等の輸送

プレカット・間伐材・植木の輸送

橋梁機材の輸送

工業用機械の輸送

電線ドラム(ロール)の輸送

壁材ALCの輸送

プラスチック製品の輸送

精密機器の輸送

ソーラーパネルの輸送

コンクリート二次製品の輸送

コンクリート二次製品の輸送

フレコン・活性炭等の輸送

建設資材の輸送

コンテナの輸送

柱状変圧器(トランス)の輸送

高級仮設トイレの輸送

タンクの輸送

自然石・スラブ材の輸送

金網・フェンスの輸送

重量物輸送事例

栃木県宇都宮市の鉄骨製造会社から鉄骨輸送の依頼を受けました
鉄骨重量物輸送栃木県宇都宮市の鉄骨製造会社から鉄骨輸送の依頼を受けました。東京都への鉄骨の輸送で、大型トラック6台で輸送します。鉄骨の柱が微妙な大きさのためトラックに柱1本しかのらず、台数が増えるのを前提にお客様と綿密な打ち合わせをさせて頂き見積もりを提出させていただきました。

栃木県宇都宮市にある鉄骨製造会社からの重量物鉄骨の輸送重量物輸送鉄骨栃木県宇都宮市にある鉄骨製造会社からの重量物鉄骨の輸送のご依頼でした。今回は小学校の新築の鉄骨輸送のご依頼でした。地上高2.8メートルの鉄骨を輸送できるか不安だという相談のお問い合わせでした。

大型精密機械重量物輸送事例 栃木県宇都宮市
栃木県にあるオートメーションシステム製造販売のお客様から、インターネットで検索しホームページを見てご連絡をいただきました。今回、初めてのお取引です。お客様の既存の運送会社に大型精密機械の輸送をお願いしたところ、特殊な形状のため輸送できないと言われてしまったそうです。

鉄骨建方重量物輸送事例 栃木県宇都宮市
夜間運搬作業東京都八重洲の繁華街での運搬作業となるため、日中の交通量が多く運搬作業が夜間しか行えないということでした。夜中に鉄骨を搬入したいというご依頼をいただきました。

10フィートコンテナ重量物輸送事例 栃木県宇都宮市
コンテナ運送お客様のご依頼により、珍しいサイズのコンテナが入荷したので、運搬をしたいということでした。大黒ふ頭にコンテナを引き取りに行ってほしいという依頼です。通常であれば20フィートのコンテナですが、今回は10フィート(半分のサイズ)ということで、通常であればお客様のコンテナをはさみトレックに積み込むクレーンが、あるのですが今回は小さいサイズのため小型移動式クレーン付きのトラックを手配してほしいという指定がありました。

イベント用コンテナ重量物輸送事例 栃木県宇都宮市
栃木県宇都宮市の外構、解体、リフォーム、リサイクル業を行っている企業様より20フィートのイベント用コンテナをストックヤードから、イベント会場まで運搬、設置とイベント終了後の撤収まで対応可能かの相談をうけました。

鉄骨メッキ重量物輸送事例 栃木県宇都宮市商社
栃木県宇都宮市にある商社様よりご相談をいただきました。取引先ではない鉄工所から商社様が相談を受けていてで運送会社がないということでした。

鉄骨重量物輸送事例 栃木県宇都宮市
現場状況による運賃及び各種車両のサイズ変更の手配、搬入先である現場の搬入方法の調査依頼と各種許可書の申請をすべて行ってほしいという相談を頂きました。各種許可書は運送事業者が管轄の警察署に申請する必要がある場合があります。

運送会社とは

運送会社とは、正式に言うと貨物自動車運送を行う事業所となります。貨物自動車運送は、他者の依頼に対して、有料にてトラックや貨物自動車などを使用し、様々な荷物を運送すると定義できます。

一般貨物自動車運送は、他者の依頼に応じ、有料でタイヤが3輪以上ある軽自動車、タイヤが二輪の自動車以外の自動車を使用し、荷物を運送することです。一般の人々が依頼する運送に応じることと特定のお客様の依頼に応じることを区別することはありません。

トラックの場合、環境に適合した天然ガス車輌も運送に使われております。
営業所において荷物の集荷や仕分けを行い更に営業所と営業所の間の運送を定期的に行うものをさし、路線トラックと呼ばれ、広く一般的に行われている運送です。

特定貨物自動車運送は、ある特定のお客様の依頼に対応し、有料で荷物を運送することです。

貨物軽自動車運送は、他者の依頼に対応し、タイヤが三輪以上の軽自動車、タイヤが二輪の自動車で排気量125cc以上の自動車を使用し、荷物を運送することです。軽自動車を運送に使う場合には、黒いナンバープレートを車輌につけています。普通乗用車やトラックなどの車輌は緑のナンバープレートを車輌につけています。

タクシーやバスやトラックによる運送は、我々の日常生活に大きな関係があります。
通学や通勤や買い物に行く際に使用するバス、旅行やイベントなど大人数で移動の際に使用するバス、雪や大雨などの天候が悪い日や夕方から深夜の間の飲食やイベントなどの後に使用するタクシー、引越、食料品や買い物したものの運送、宅配便などの荷物運送専門会社で荷物を運ぶ際に使うトラック、これらの運送事業の呼称、運送事業の内容を解説いたします。

タクシー・バス事業とは、旅客自動車運送事業といい、旅客自動車運送事業の中には、特定旅客自動車運送事業と一般旅客自動車運送事業があります。

一般旅客自動車運送事業とは、他者の依頼に対応し、有料で運送に使用する自動車を利用し、旅行するお客様を運送する事業をさします。このことは、道路運送法に定められております。

一般乗合旅客自動車運送事業とは、皆様が街を歩いていていつも目にするバスをさします。通常路線バスや乗合バスと呼ばれているものです。

路線バスや乗合バスとよばれる運送事業を行うバス会社は、不特定多数のお客様との各々の運送契約により旅客運送を提供しております。

最近では、大型のバス利用者が減少しているエリアでは、小型の車輌を使用する乗り合いの形を取るタクシーが増え続けております。乗り合いバスは、乗り降りしやすい段差のないノンステップバスが増えております。

一般貸切旅客自動車運送事業は、大人数の団体で旅行に行く際に使用する貸切バスをさします。旅行する際に使用する以外にも大人数が同じ使用目的のために、同時に移動する際にとても便利です。

乗り合いバスのように、お客様一人ひとりとの運送契約を結ぶわけではなく、同時に大人数で移動する団体とバス会社との間の貸切運送契約を結ぶ事業です。

一般乗用旅客自動車運送事業とは、タクシーのことです。タクシー車両は、4人乗車出来る普通乗用車タイプと7人から9人が乗車出来るワゴンタイプの車輌があります。

身体に障害のあるお客様や車椅子をご利用になっているお客様と車椅子のまま乗車可能なタイプ、様々なタイプの車輌があります。

お客様の要望に応じた車種を選び運送事業を行うことが可能です。運送形態で表現するならば、一個の契約で乗車定員10人以下の運送可能な自動車を貸し切りお客様を運送することが、一般乗用旅客自動車運送事業です。

これらが、自動車運送の説明になります。実際に運送会社を営む場合には、それぞれの事業所の有る運輸支局に相談し手続きを行う必要があります。